食う寝るところに住むところ

山の家を作ることにしました。その備忘録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CIMG6199.jpg
CIMG6196.jpg
CIMG6197.jpg
CIMG6198.jpg

ログが積みあがりました。あとは屋根が乗れば、概観上は山の家が出現することになります。積みあがり始めるとあっという間な感じですね。でもここから完成まであと3ヶ月かかります。細部にこだわると魂が篭るのでしょうか?よい家ができることを信じております。
スポンサーサイト
CIMG6137.jpg
CIMG6138.jpg
CIMG6133.jpg

昨日は15段組みあがりました。ほぼ一番低い壁部分が出来上がったようです。1階部分の窓の部分も開口が取れております。これから屋根に続く部分が組みあがっていくのでしょう。
山中湖は冷えております。現在氷点下8度(冷え冷え)。作業員の方々、風邪を引かずに作業頑張ってください。
CIMG6089.jpg
CIMG6091.jpg
CIMG6123.jpg

いよいよ、ログの組み立てが始まりました。午後から悪天ということで、午前中だけの施工でした。今後さらに組みあがるのが大いに楽しみです。
PB212363.jpg
PB212365.jpg
PB212371.jpg
PB212368.jpg
ログ材がフィンランドより到着しました。現在は工務店の荷受場にありますが、来週には現場に到着し、ログの建築が始まります。これから急ピッチで建ちあがるようです。いよいよですね。
CIMG5995.jpg
CIMG6000.jpg
CIMG5998.jpg
CIMG6002.jpg

ほぼ、基礎ができてきた模様。今回の基礎は基礎内断熱を施し可能な限り風通しが良くなるように施工していただきました。それもこれも全て床下エアコン暖房の効率を考えてのものです。
寒冷地ということで深さも結構立派で、1350mmだそうです。ほんと深いですね。このコンクリートへの蓄熱と床下の地熱を利用し冬でもほんのりと暖かい家を目指します。
CIMG5708.jpg
CIMG5707.jpg

井戸の掘削が終わったようです。掘削深度は66.5mと聞きました。ここらあたりではこのくらいなのでしょうかね。
今後、この井戸から富士山由来の天然バナジウム水が出てきます。この水を使って料理やコーヒー、さらに水割りに使えると思うと、わくわくしますね。

本当に楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。